La Cour des Parfums par LPT - Perfume samplers | LengLing Munich
other
5f96432def808511a6c553cd 5f96432def808511a6c553cd 5f96432def808511a6c553cd 5f96432def808511a6c553cd 5f96432def808511a6c553cd 5f96432def808511a6c553cd 5f96432def808511a6c553cd 5f96432def808511a6c553cd 5f96432def808511a6c553cd 5f96432def808511a6c553cd

La Cour des Parfums par LPT - Perfume samplers | LengLing Munich

¥680 税込

送料についてはこちら

  • №1 El Pasajero (2015)

  • №2 Skrik (2015)

    残り3点

  • №3 Acqua Tempesta (2015)

    残り3点

  • №4 In Between (2015)

    残り2点

  • №5 Eisbach (2015)

  • №6 A la Carte (2015)

    残り1点

  • №7 Sekushi (2015)

    残り3点

  • №8 Apéro (2017)

  • №9 Wunderwind (2018)

    残り1点

オランダ、ロッテルダムのオートパフューマリー(高級香水店)、ラ・コール・ド・パルファム(La Cour des Parfums, 英Perfumed Courtの意、通称LCDP)と香水ブログ、ラ・パルフュムリ・タヌのコラボレーション企画、La Cour des Parfums par LPTです。 1999年創業のリアンヌ・ティオ・パルファムを経て、ヨーロッパのメゾンフレグランス市場を牽引してきた創業者リアンヌ・ティオが2019年9月、新たにオープンした香水店、ラ・コール・ド・パルファム。同店取扱いブランドの香りを、LPT読者のためにサンプリングサービスとしてご提供いたします。日本未発売作品や未上陸ブランドも数多く、国内ではサンプル入手が難しいものも多く含まれます。 【LengLing Munich】 ウルスラとクリスティアン・レンリン夫妻が2014年に創業した、ミュンヘン初のフレグランスブランド、レングリング・ミューニック。 作品は、従来のトップーミドルーベースノートというピラミッド型ではなく、天然シダーと柔らかなバニラを主軸に持つ’LENG'(レング)トーンと、キャンディフロスで甘さを持たせたダークレザーノートを主軸に持つ'LING'(リング)トーンという、二つの相反するトーンが織りなすハーモニーで構成されています。調香はシニア・パフューマー、マルク・フォム・エンデ(独シムライズ所属、近年ではメルセデスベンツ・Sークラス社内自動空調システムの調香を担当)が手がけています。 作品にはすべてサスティナブルなヴィーガン香料を使用、ボトル制作から充填まで、すべて手作業で行っており、特に純銀を切り出し手磨きで仕上げたボトルキャップは、ミュンヘン市の象徴であるイーザル川の岸辺に輝く小石をイメージしています。 ・全9種パルファム濃度になります。 こちらはLa Cour des Parfumsが作成したショップサンプルです。各種限定5個。 ・1.5mlを2mlガラスアトマイザーに充填いたします。 2020.10.28 追記 ※ブランドネームでありドイツ人のオーナーご夫婦の苗字でもあるLENGLINGについて、ブランドに確認した所、日本語表記としてはレングリングに近い事がわかりましたので、訂正させていただきました。