NEWS

新商品:キーチェーン付メタルアトマイザー、The Two Tones他

昨年12月より、本格的に取扱を再開したヤマダアトマイザー。バラエティストアやECモールなど、販路が幅広過ぎて何となく空気のように「いつもそばにいる」存在故に、ド派手な海外ブランドと安価な中華容器の狭間にいる立ち位置の会社です。

その一方で「握力の弱い、手の小さい方でも利き手の人差し指で軽く押せるスプレーヘッドの押し心地」「強い香りを好まない日本人の嗜好性にあわせてワンプッシュ0.03ml程度に抑えた吐出量」「香水の充填に便利な、特許2種取得の詰め替えノズル&折ジョーゴ」など、作り手である山田雅昭社長のこだわりが凝縮されている機能性と国産ならではの美しいフィニッシュ、そして時に「絶妙な匙加減で『時』を握りしめたかのようなデザイン」など、もっと評価されるべき魅力がいっぱい詰まっています。

今回ご紹介するのは、キーチェーン付メタルアトマイザーと、LPTオリジナルのThe Two Tonesの2種。いずれもLPT direct限定販売です。

キーチェーン付メタルアトマイザー:※現在は販売終了している、人気のメタルアトマイザー18542・18544にマットシルバーのキーチェーン(取り外し可能)がついたカスタムモデル。販売当時価格:2,300円+税のところ、通常の18542/18544と同一価格で販売、キーチェーンが実質無料でついてきます。キーチェーンは、スプレーヘッドにくぐらせる輪でセットするので、簡単に取り外せます。必要な時にだけセットする事もできますので、用途に応じて使い分けてください。

The Two Tones:18542(ヘアライン ・シルバー)と18544(ヘアライン・ブラック)のキャップをチェンジし、Black on Silver とSilver on Blackのツートーンに仕立てた、The Two Tones。LPT directのオリジナルです。キーチェーン付・キーチェーンなしが選べます。

他にも…
🌹ヤマダアトマイザーのベーシックライン、グラスアトマイザー4mlシリーズには、絶妙と微妙の狭間にいるような柄物が色々あります(笑)その中で、配送部ハン1さんイチオシの50422(ノバラ・ピンクパープル)。ハン1さん肝入りで採用決定した奇特な逸品です。イメージとしては「中原淳一が描く少女のバッグに入っていそうなアトマイザー」。世が世なら、必ずや伝説の文化雑誌「それいゆ」で取り上げられていたはず!